top
ダイヤ設計は擁壁・建物・地盤の建築訴訟鑑定書・意見書作成、擁壁・建物・コンクリート・地盤調査・セカンドオピニオンの業務を行っております。
α トップページ    建築物・擁壁・地盤訴訟関係    建築訴訟鑑定書作成    擁壁耐久性診断    欠陥地盤110番     コンク リート調査・診断    建物事前事後調査
さいたま市ダイヤ設計社屋
ダイヤ設計社屋
        信条                     
 日本コンクリート工学会会員
 地盤工学会会員 


一級建築士事務所・建築コンサルタント
ダイヤ設計トップ ロゴ

          サイトマップ リンク ロゴ


代表者目黒碩雄と愛犬
  一級建築士.地盤品質判定士.コンクリート診断士.マンション管理士.土地家屋調査士(資格者)目黒碩雄

ダイヤ設計 業務料金表     ダイヤ設計 案内図     ダイヤ設計 事務所の紹介     ダイヤ設計 相談お問い合せ
業 務 一 覧 業    務    内    容             ダイヤ設計リンク ロゴ 
  サイトマップ リンク ロゴ
  トップページ    (このページ)
 建築訴訟業務の内容
  建築物・擁壁・地盤等
 建築訴訟鑑定書の作成
  (欠陥擁壁・欠陥建物)
 地盤訴訟の背景・特徴
 専門職支援業務
 欠陥地盤110番
 地盤訴訟・地盤リスク
 欠陥擁壁110番
  既存擁壁の耐久性診断
 コンク リートの調査診断
 擁壁建築物のコンクリート 
 擁壁の第三者監理
  (欠陥擁壁と擁壁)   
 狭小敷地の既存擁壁補強
 工法の提案
 地耐力測定(地盤調査)
 建物の劣化診断調査
  改修・補強計画
 建物の事前事後調査
  (家屋調査)
 不動産鑑定士の為の
 エンジニアリング・レポート
 (ER)作成業務
 マンション管理組合
 支援業務
 技術コンサルティング
 (業務委託契約)  
  個人のページ
  技術屋の辛口コラム 

 建築訴訟業務の内容  擁壁訴訟・建築物訴訟・地盤訴訟等
  (欠陥擁壁・欠陥建物・欠陥地盤・欠陥コンクリート等)

   建築関係最高裁判例リスト

 建築訴訟鑑定書・意見書の作成 (欠陥擁壁・欠陥建物・欠陥地盤・実施調査含む)
  住宅・マンション・擁壁等の訴訟対象建築物の調査報告書・意見書作成 
  建築訴訟鑑定書・意見書について その1~
  当社作成の鑑定書・意見書


 地盤訴訟 の背景・特徴等

  ◎ダイヤ設計は通常の建築関係の訴訟で必要とされる以下の
    職能資格<国家資格と学会認定資格>を取得しております。


   ・一級建築士・マンション管理士  (建物住宅等の建築物調査診断)
   ・コンクリート診断士                    (コンクリートの調査診断)
   ・地盤品質判定士                       (地盤の調査判定)
   ・土地家屋調査士(資格者)          (地盤・構造物の変状箇所の精密測量)

ダイヤ設計 訴訟鑑定書作成

 専門職支援業務

  弁護士事務所支援業務
  建築設計事務所支援業務
  不動産鑑定士事務所支援業務
  ハウスメーカー支援業務


 欠陥地盤110番 (地盤訴訟 地盤リスク) ・地盤品質判定士による地盤判定

  ・地盤の品質判定とは。 ・不同沈下トラブル(建物・擁壁の場合)。
  ・液状化地盤トラブル。  ・軟弱地盤のトラブル。
  ・地盤判定の落とし穴   ・参考土質写真
   
(建築士・構造計算担当者さんへの提案とアドバイス)。

ダイヤ設計 欠陥地盤110番 土質写真

 
欠陥擁壁110番 (既存擁壁の耐久性診断) 
  コンクリート診断士によるコンクリート調査診断

  ・対象擁壁の構造形式(コンクリート擁壁・間知石練積擁壁・空積石擁壁等)の個別診断。
  ・ダイヤ設計の擁壁耐久性診断
    (欠陥擁壁・健全度の判定・補修計画)・簡易診断・標準診断

 擁壁のある土地の購入計画の注意点と購入価格の考え方
  ・地盤品質判定士による地盤判定
   (かしこいリスク管理と擁壁宅地選択の考え方)

 自分で出来る擁壁の安全診断(我が家の擁壁チェックシート・案)

ダイヤ設計 擁壁耐久性診断  

 コンクリートの調査診断について (既存擁壁・既存建物等のコンクリート)
  ・コンクリート診断士によるコンクリート調査診断

 コンクリートの特異点・コンクリートについて・欠陥コンクリートの病気診断

   病気と症状写真 ①のページへ   病気と症状写真 ②のページへ

 コンクリートの劣化調査診断
   劣化原因 = 中性化(白華)・塩害・アルカリシリカ反応・凍害・疲労
           ・風化老化・火災・科学的腐食(薬品等)・疲労・風化老化
           ・火災・不同沈下(擁壁・建物)・他


 
コンクリートの強度測定
   
ダイヤ設計の測定報告書
   
コンクリート シュミットハンマー 試験

 
コンクリートの中性化試験
   躯体コンクリートの中性化について。  ・中性化が起こる原理。
   コンクリートが中性化する要因。     ・中性化による鉄筋腐食。
   中性化の調査方法。            ・補修の工法。
   何故中性化が良くないのか? (何故アルカリ性に回復する必要があるのか )


 当社の常備調査機器リスト
   調査・診断資料等の作成のため、当事務所では調査用機器を常備保有して
   おります。
      
ダイヤ設計 コンクリートいろいろ
ダイヤ設計 病んでいるコンクリート コンクリいろいろ-2
ダイヤ設計 コンクリート劣化診断
コンクリート強度測定 コンクリートシュミットハンマー試験
 欠陥擁壁と擁壁の第三者監理

  欠陥擁壁の発生原因と第三者監理の必要性について
 1 欠陥擁壁について
 2 陥擁壁が発生する:原因
 3 擁壁工事の第三者監理
 4 ダイヤ設計の監理の内容
 狭小敷地の既存擁壁補強工法の提案  (ロックボルト工法)
  補修工法と補強工法の相違について。   ・ロックボルト工法の紹介。
  この工法の特徴、メリット。           ・この工法の不得意な擁壁。
  設計監理費用について。
ダイヤ設計 ロックボルト工法 狭小敷地の既存擁壁補強工法の提案
 地耐力測定(地盤調査) 実施作成例)

  軟弱地盤の地質調査(ハンドオーガ・ペネトロメーター)
ダイヤ設計 地耐力測定 コーンぺネトロメーター
 建物の劣化診断調査と改修・補強計画
  その目的と「耐震診断」との相違点と類似点。
  当事務所において実施した建物の劣化診断の事例
  事例1(改修計画の判断データーとして)
  事例2(建物賃貸借関係の終了判断材料としての調査)
当社補強計画
ダイヤ設計 建物の劣化診断調査と改修・補強計画
 建物の事前事後調査 ・家屋調査
  ・一級建築士・マンション管理士による建物住宅等の建築物調査診断

  建築工事に伴う近隣事前調査報告書作成


 地盤変形調査  (建物・擁壁に関する地盤の事前・事後調査)
  ・土地家屋調査士(資格者)による地盤の変状箇所の精密測量

  ・地盤変形調査の必要性  ・ダイヤ設計の地盤変形調査
  ・具体的な測量方法
 
トランシット
ダイヤ設計 建物事前事後調査・家屋調査


 不動産鑑定士の為のエンジニアリング・レポート(ER)作成業務


 マンション管理組合支援業務
  建替え決議による再建計画等関連
  鉄筋マンション耐用年数の考え方について
  長期修繕計画書の作成及び、 技術的アドバイス

ダイヤ設計 マンション建替え

 技術コンサルティング (業務委託契約書)  
  地盤トラブル、建築トラブルの回避の為の技術支援


 技術屋の辛口コラム ・埼玉県の地盤・自然の考察 ・個人のページ

  技術屋の辛口コラム
   その1 『地盤品質判定士試験』支援講座
   その2 『地震では擁壁は崩れない?』
   その3  『コンクリートの水セメント比についての素朴な疑問』
   その4 『不同沈下事故が多発する原因について』
   その5 『ここが間違う。建築構造材と土木構造材(地盤)の本質的な相違点について』

   その6『これからのコンクリート性能の目指すもの』
   その7 『既成プレキャスト擁壁に変状事例の理由は?』
      その8 「ブロック塀事故の本質について 原因と安全性」
new


  埼玉県南部の地盤・自然条件等のページ

   埼玉県南部の地盤(地盤地形地質)についての考察
   埼玉県の概況(自然的条件)



  個人のページ  あやしい釣り人  空の散歩


技術屋の中辛コラム 3コンクリートの水セメント比についての素朴な疑問
ダイヤ設計 7既成プレキャスト擁壁に変状事例の理由は?
ダイヤ設計 6酸性雨による劣化 これからのコンクリート性能の目指すもの。

                                                ・サイトマップのページへ     ページの先頭へ


     ダイヤ設計  http://www.kdaiya.jp/


 
           住所  〒338-0005 埼玉県さいたま市中央区桜丘1-12-5 ダイヤビル2階


       ●相談・お問い合せの電話はこちらへ。
 048-853-3587


         
●メールはこちらへ。   メールアイコン  相談・お問い合わせのメールはこちらからどうぞ

           (電話・メールにての相談・お問い合せは無料です。お気軽にどうぞ)


                   相談・お問い合せの後、必ずしも依頼する必要はありません。相談の時点で解決する場合もあります。
                  その場で依頼するかどうかは決めなくてかまいません。 依頼は納得いただいてから。



                  業務料金表    ・ダイヤ設計 案内図    ・相談・お問い合わせのページ




建築おたすけ人