ダイヤ設計は建築訴訟鑑定書(欠陥擁壁・欠陥建物・欠陥地盤)の作成及びセカンドオピニオン・調査・診断等の業務を行っております。
α トップページ   建築物・擁壁・地盤訴訟関係    鑑定書作成    擁壁耐久性診断    コンク リート調査・診断    擁壁第三者監理   建物劣化診断調査    建物事前事後調査
 不動産鑑定士の為のエンジニアリング・レポート(ER)作成業務 ダイヤ設計
業務料金表    案 内 図    事務所の紹介・プロフィール    相談・お問い合わせのページ    サイトマップ
 サイトマップ
 トップページ
 訴訟業務内容・擁壁訴訟
 建築物訴訟・ 地盤訴訟等
  建築訴訟鑑定書の作成
 (欠陥擁壁・欠陥建物等)
 地盤訴訟の背景・特徴
 専門職支援業務
 欠陥地盤110番
 地盤訴訟・地盤リスク
 欠陥擁壁110番
 既存擁壁の耐久性診断
 コンク リート調査・診断
 (既存擁壁・既存建物)  
 擁壁の第三者監理
 (欠陥擁壁と擁壁)   
 狭小敷地の既存擁壁補強
 工法の提案
 地耐力測定(地盤調査)
 建物の劣化診断調査
 改修・補強計画
 建物の事前事後調査
 (家屋調査)
 不動産鑑定士の為の
 エンジニアリング・レポート
 (ER)作成業務
 マンション管理組合
 支援業務
 技術コンサルティング
 (業務委託契約)  
  技術屋の辛口コラム
  個人のページ 


不動産鑑定士の為のエンジニアリング・レポート(ER)作成業務


ダイヤ設計では、不動産鑑定士の皆様がその業務として行う不動産鑑定業務の内で、特に中小不動産の鑑定作成の添付資料となるエンジニアリング・レポート(ER)業務を、比較的低額な料金にて作成いたしております。

仕様(スコープ)内容により異なりますが、可能な限り依頼人の制限コストに添ったコストパフォーマンスの高い(ER)を作成いたします。

又「限定価格」算出の為の調査範囲等に条件の付された(ER)についても、対応致します。


土地に関する鑑定評価に関するもの


○既存擁壁宅地の鑑定調査(危険度判定・耐久性判定)

○敷地の地盤調査

○軟弱地盤の判定書

○液状化可能性の判定

○圧密沈下の可能性判定調査

○土壌汚染物質存在の有無調査(サンプリング土壌分析) 



既存建物の鑑定評価に関するもの

○構造物の減価要因(物理的要因及び機能的要因)の報告書

○再調達原価の算出

○建物劣化調査

○コンクリート構造物の劣化診断

○不同沈下建物の改修工事費の算出




  
 お問い合わせは  お問い合わせのページ よりメール又は電話にてご相談ください。


 相談・お問い合せの後、必ずしも依頼する必要はありません。相談の時点で解決する場合もあります。
 その場で依頼するかどうかは決めなくてかまいません。 依頼は納得いただいてから。




ページの先頭へ↑ 


      
ダイヤ設計  http://www.kdaiya.jp/


           
住所  〒338-0005 埼玉県さいたま市中央区桜丘1-12-5 ダイヤビル2階

        ●相談・お問い合せの電話はこちらへ。 
048-853-3587

                   (無料です。お気軽にどうぞ) 

          ●メールはこちらへ。   メールアイコン  相談・お問い合わせのメールは、こちらからどうぞ


           (電話・メールにての相談・お問い合せは無料です。お気軽にどうぞ)

                  
 相談・お問い合せの後、必ずしも依頼する必要はありません。相談の時点で解決する場合もあります。
                  その場で依頼するかどうかは決めなくてかまいません。 依頼は納得いただいてから。


              
業務料金表    ・ダイヤ設計 案内図    ・相談・お問い合わせのページ   ・サイトマップ