トップマーク
ダイヤ設計は欠陥擁壁・欠陥建物・欠陥地盤・欠陥コンクリート等の建築訴訟鑑定書作成、及び調査・診断等の業務を行っております。
α トップページ    建物・擁壁・地盤訴訟関係    鑑定書作成    擁壁耐久性診断    コンク リート調査・診断    擁壁第三者監理    建物劣化診断調査    建物事前事後調査
狭小敷地の既存擁壁補強工法の提案  ダイヤ設計

(ロックボルト工法)
業務料金表     案 内 図     事務所の紹介・プロフィール     お問い合わせのページ    サイトマップ
 サイトマップ
 トップページ
 訴訟業務内容・擁壁訴訟
 建築物訴訟・ 地盤訴訟等
  建築訴訟鑑定書の作成
 (欠陥擁壁・欠陥建物等)
 地盤訴訟の背景・特徴
 専門職支援業務
 欠陥地盤110番
 地盤訴訟・地盤リスク
 欠陥擁壁110番
 既存擁壁の耐久性診断
 コンク リート調査・診断
 (既存擁壁・既存建物)  
 擁壁の第三者監理
 (欠陥擁壁と擁壁)   
 狭小敷地の既存擁壁補強
 工法の提案
 地耐力測定(地盤調査)
 建物の劣化診断調査
 改修・補強計画
 建物の事前事後調査
 (家屋調査)
 不動産鑑定士の為の
 エンジニアリング・レポート
 (ER)作成業務
 マンション管理組合
 支援業務
 技術コンサルティング
 (業務委託契約)  
  技術屋の辛口コラム
  個人のページ 



1 補修工法または補強工法の相違について


コンクリート工学の分野においては構造物の修理等の方法に付き、最近では下記のごとく定義付けをしております。


○補修工法=

耐久性の回復(初期性能に近づけること)を目的、もしくは向上(初期性能以上のUPを目的)させるまでの対策。


○補強工法=

力学的性能の向上。



従って、従来のイメージであるいわゆる<長寿命化>対策や、劣化進行の防止対策程度の対策は、補修の定義にも入らないことになります。
このことは、擁壁の場合に下記の点で重要な意義をもちます。

よくある事例で、既存擁壁があるその土地の建物の建て替えをする場合、確認申請時に建築主事よりその既存擁壁の安全性を担保した書類を要求されます。
この場合、素人判断でネット等で業者に補修工事を依頼した場合に、単に現状維持の長寿命化や表面保護対策では、<耐久性の回復>や<力学的性能の向上>にはなりません。

従ってそのような補修工事をしたとしても、確認申請における既存擁壁の安全性の担保には該当しないことになります。
このような工事は、見た目には補強工事のようにみえますが、その理学的な実態がない以上、構造上の安全性が確認できないためです。

何百万円の工事費をかけても、結果的は何もならないことになります。このような事例がかなりみられます。
安い金額ではありません。十分に注意すべきです。



2 ロックボルト工法の紹介

経年劣化した擁壁のコストパフォーマンスの高い補強工法の一つとして、ロックボルト工法を紹介します。


◎この工法の特徴(メリット)

① 相対的に大きな機械や工作機がなくても施工可能である。

② 作業スペースが少ない敷地でも対応が可能である。従って、都心の山の手などで戦後に建築された、住宅の密集地における擁壁の補強工事等に適 した工法である。

③ 仮設費用が少なくてすむ。

④ 工事完了後の耐力テストが簡単に実施できる。

⑤ コンクリート擁壁だけでなく、大谷石や間知ブロック工事などにも採用できる。


この工法の不得意な擁壁

土木工事用擁壁の大規模擁壁等には、ボルト1本当たりの引っ張り耐力を10t以下で計画するため、不向きです。
どちらかといえば、中小規模の擁壁の補強工法と位置付けられるおもいます。


設計監理費用について

ダイヤ設計では、この<ロックボルト工法>による擁壁補修工事の設計と施工計画、施工業者の選定から、工事費等の実施設計、工事施工における設計監理までの一括専門業務を受任いたしております。

既存擁壁の補修や補強を検討している既存擁壁の関係者の皆様、お問い合わせください。


バナー


◆ロックボルト工法施工の写真  ※有限会社 今(コン)エンジニアリング様提供


yohekihokyo-011 yohekihokyo-014
 
yohekihokyo-011                           yohekihokyo-014


yohekihokyo-017 yohekihokyo-019
 
yohekihokyo-017                            yohekihokyo-019


yohekihokyo-022 yohekihokyo-023
 
yohekihokyo-022                          yohekihokyo-023


ページの先頭へ↑ 


      
ダイヤ設計  http://www.kdaiya.jp/

           
住所  〒338-0005 埼玉県さいたま市中央区桜丘1-12-5 ダイヤビル2階

        ●相談・お問い合せの電話はこちらへ。 
048-853-3587

                   (無料です。お気軽にどうぞ) 

         ●メールはこちらへ。   メールアイコン  相談・お問い合わせのメールは、こちらからどうぞ


              
業務料金表     ・ダイヤ設計 案内図    ・お問い合わせのページ    ・サイトマップ




ダイヤ設計 建築訴訟鑑定書作成