ダイヤ設計は欠陥擁壁訴訟・欠陥コンクリート訴訟・欠陥地盤訴訟・欠陥住宅訴訟等の訴訟鑑定書作成、調査診断・セカンドオピニオンの業務。

トップページ   建築訴訟鑑定書作成  欠陥擁壁110番 欠陥地盤110番 コンクリート調査診断  専門職支援業務


欠陥コンクリートの病気とその症状 写真@ 
ダイヤ設計


業務料金表    案 内 図    事務所の紹介    相談・お問い合わせのページ     サイトマップ
   トップページ

 建築訴訟鑑定書の作成


 専門職支援業務


 技術コンサルティング


 欠陥擁壁110番・擁壁訴訟


 擁壁第三者監理・欠陥擁壁


 コンク リートの調査診断


 欠陥地盤110番・地盤訴訟


 地盤訴訟の背景・特徴


 狭小敷地の既存擁壁補強


 地耐力測定(地盤調査)


 建築工事の事前事後調査


 建物劣化診断調査・補強


 不動産鑑定士の為のER作成


 マンション管理組合支援


 技術屋の辛口コラム


 個人のページ


電話
 048−853−3587


mail
相談・お問い合わせのメールはこちらからどうぞ


 

◎ コンクリートの病気とその症状 写真Aのページへ


◎ コンクリート調査・診断 (既存擁壁、既存建物) のページへ戻る








コンクリートの病気とその症状写真 @

(全ての症状写真があるわけではありませんが、おいおい追加していく予定です。)




  公益社団法人 日本コンクリート工学会作成
  (コンクリートのひび割れ調査・原因推定ソフト2009) より一部抜粋



  施工時における初期欠陥(ジャンカ)によるもの

     写真05 ジャンカ症状写真
05 ジャンカ症状写真




コールドジョイント症状 -1

写真06 




       コールドジョイント症状 -2


  写真07
 07コールドジョイント症状-2

 <コメント>
 さすがに給水タンクにはコールドジョイントは元より、その
 他のひび割れは一切ありません。
 エフロレッセンスも発生しておりません。
 優良コンクリートの見本です。


   エフロレッセンス症状

   写真08



  <コメント>
   エフロレッセンスといっても下記の3種類が
  あります。峻別する必要があります。
   若干問題となるのは、最後のエフロレッセンス
  です  。

   ○一次エフロレッセンス
    ○二次エフロレッセンス
    ○エフロレッセンス 









01 セメントの水和熱症状

写真09




02 セメントの異常膨張症状

写真10
10 セメントの異常膨張症状


03 骨材に含まれている泥分

写真11
 

04 低品質な骨材


写真12


05 セメント成分の少ない低品質なコンクリート

写真13


06 反応性骨材(アルカリ骨材反応)

写真 14

 <コメント>
  コンクリートの癌ともいわれる、致命的な症状です。



07 コンクリート中の塩化物

写真15


08 コンクリートの沈下・ブリーディング

写真16

<コメント>
○バイブレーターの使用不良。
  ○水セメント比の高いコンクリート。
  (単位水量を少なくすれば防止可能)


         ページの先頭へ↑



  09 コンクリートの乾燥収縮

  写真17                                  写真18    


   <コメント>
   乾燥収縮によるひび割れは、建築物コンクリート(コンクリー トの断面が相対的に小さい)の宿命ともいえます が、
   防止策として、
    ○要所々に伸縮目地を設ける方法。
    ○水分の少ないコンクリートや乾燥収縮の少ないセメン トを使用。
    ○コンクリートの硬化初期に湿潤養生を実施。
 



10 コンクリートの自己収縮
  
工事中

 
11 混和材料の不均一な分散

工事中


12 長時間の練混ぜ

写真19


13 ポンプ圧送時の配合の変更

写真20



14 不適当な打ち込み順序

工事中


16 硬化前の振動や載荷

工事中



15 不十分な締固め

  写真21


17 初期養生中の急激な乾燥

写真 22


18 初期凍害

 工事中



19 鋼材(鉄筋)の乱れ

工事中


20 被り(厚さ)の不足

-1  写真23
   



-2  写真24                           -3  写真25 
     


      

22 漏水(型枠からの,路盤への)

 工事中



23 型枠の早期除去

写真なし


21 型枠のはらみ

写真2626  型枠のはらみ


 24 支保工の沈下

   写真27




25 不適当な打継ぎ処理

-1 写真28                            -2  写真29
28  不適当な打継ぎ処理    29  不適当な打継ぎ処理-2




ページの先頭へ↑ 


◎コンクリートの病気とその症状写真 Aのページへ  

 


      
ダイヤ設計  http://www.kdaiya.jp/

           
住所  〒338-0005 埼玉県さいたま市中央区桜丘1-12-5 ダイヤビル2階

        ●相談・お問い合せの電話はこちらへ。 
048−853−3587

                   (無料です。お気軽にどうぞ) 

         ●メールはこちらへ。   メールアイコン  相談・お問い合わせのメールは、こちらからどうぞ


              
業務料金表    ・ダイヤ設計 案内図    ・お問い合わせのページ    ・サイトマップ




top