建築おたすけ人・ダイヤ設計は、建築物訴訟関係、欠陥擁壁・欠陥建物及び地盤の調査・診断等の業務を行っております。
α  トップページ    建築物訴訟関係    鑑定書作成    擁壁耐久性診断    コンク リート調査・診断    擁壁第三者監理    建物劣化診断調査    建物事前事後調査
建替え決議による再建計画図面等の作成
事務所の紹介・プロフィール      業務料金表      相談・お問い合わせのページ      案 内 図     サイトマップ
 サイトマップ
 トップページ
 訴訟業務内容・擁壁訴訟
 建築物訴訟・ 地盤訴訟等
  訴訟鑑定書の作成
 (欠陥擁壁・欠陥建物)
 地盤訴訟の背景・特徴
 専門職支援業務
 欠陥地盤110番
 地盤訴訟・地盤リスク
 欠陥擁壁110番
 既存擁壁の耐久性診断
 コンク リート調査・診断
 (既存擁壁・既存建物)  
 擁壁の第三者監理
 (欠陥擁壁と擁壁)   
 狭小敷地の既存擁壁補強
 工法の提案
 地耐力測定(地盤調査)
 建物の劣化診断調査
 改修・補強計画
 建物の事前事後調査
 (家屋調査)
 不動産鑑定士の為の
 エンジニアリング・レポート
 (ER)作成業務
 マンション管理組合
 支援業務
 技術コンサルティング
 (業務委託契約)  
  技術屋の辛口コラム
  個人のページ 


建物の区分所有等に関する法律及び再建計画


建物の区分所有等に関する法律 法令抜粋

 ( 建替え決議)
 
第62条 老朽、損傷、一部の滅失その他の事由により、建物の価額その他の事情に照らし、建物がその効用を維持し、又は回復するのに過分の費用を要するに至ったときは、集会において、区分所有者及び議決権の各5分の4以上の多数で、建物を取り壊し、かつ、建物の敷地に新たに主たる使用目的を同一とする建物を建築する旨の決議(以下「建替え決議」という。)をすることができる。

2 建替え決議においては、次の事項を定めなければならない。

 1)新たに建築する建物(以下「再建建物」という。)の設計の概要
 2)建物の取壊し及び再建建物の建築に要する費用の概算額
 3)前号に規定する費用の分担に関する事項
 4)再建建物の区分所有権の帰属に関する事項

3 前項第3号及び第4号の事項は、各区分所有者の衡平を害しないように定めなければならない。

4 前条第6項の規定は、建替え決議をした集会の議事録に準用する。



都下M市再建計画案 当社設計



しかし、残念ながら不調に終わりました。


ページの先頭へ↑  

マンション管理組合支援業のページへ戻る